役員報酬

役員報酬の話

fficer's compensation or remuneration



TOP >>役員の責任
役員の責任

役員になると、昇給や権限が上がるなどのメリットがありますが
一般の従業員と異なり、雇用する側の人間となります。
雇用関係も任意契約ですので会社の就業規定に縛られることがありませんが
労働者(雇われる側)ではなくなるので
労働基準法の適応から外れる事になります。
任意契約ですので、定年が無いと言うメリットがありますが
単年度ごとに雇用契約を行わなければならないプレッシャーや
一般の従業員よりも解雇のリスクも大きくなります。

役員は会社の出資者である株主に経営を任されています、
会社経営に関する事は説明しなければ責任があり、
株主から説明を求められたときには、特定の項目に対し
参考資料を用意し説明しなければならないと法律で定められています。
取締役は、会社に利益をもたらす経営を任されている
委託業務ですので、不作為により会社に損害を与えた場合
損害賠償など法定の責任を負わなければなりません。

会社では雇用側の立場という事で、
会社と雇用関係を結んだ従業員に対して、労働に関する法律にそって
適正な労働環境を確保しなければならない義務があり
経営面では従業員の不正行為に対し監督義務があります。
顧客や社会においても、会社の経営者としての責任があります。
会社経営者としての説明や損害賠償などの責任義務があり
場合によっては、民事上の賠償責任者として
役員個人に対し責任追及される可能性もあります。

役員契約を結ぶ時には、雇用条件や役員報酬だけでなく
責任のリスクを良く考えておかなければ
大きなトラブルに巻き込まれてしまう危険性があります。

役員というタイトルを身に付けることによって
社会から見られる目も変わります。
一目置かれる分、間違ったことは出来ないので
簡単にプロミスで50万円以上借りるような軽率な真似は辞めた方がいいでしょう。

メニューリスト










Copyright (C) 役員報酬の話 All Rights Reserved.